2006年09月30日

一試/動作検証&デバグ (4)

結局、未だ何か変である。あれから更にバグと思われる場所を修正してみたら位置格差が減ったが、それでも目標範囲内に入らないし、彩の作者の結果と微妙に離れたままだ。初手は「中央が最善、隅が最悪」という結論が同じというだけでは何か不安だ。設計上に根本的なミスがあるような気もしてきた。

続きを読む
posted by Masa at 03:39| Comment(0) | 計算機囲碁 | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

うーむ、燃えてますね

↓Valkyriaが伸びてきてます。まだ上位に出てませんがMoGo(DuoV3)が追ってます。そして後方からヒタヒタと押し上がってくる影ひとつ…。こんな時間にやってるとは!!(ってヒトの事は言えないですが〜)。
060927.PNG
posted by Masa at 05:58| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

一試/動作検証&デバグ (3)

計算機囲碁の神様は、謎電の作者に試練を与えてくださっているようだ(汗) 案ずるより産むが易しのつもりだったが、結構一筋縄ではいかないようである。その原因を作っているのは自分自身だが。生活の掛かった仕事で用いるような無難に動く堅実な設計より、道楽だからこそ出来る極めて大きな危険を内包した挑戦的な(この場合はちょーインチキな)手法を数多く試みている。それ自体は由としても、実績のない(あるいは少ない)手法はやはり綿密な計画を立て予備実験を重ね、ウラを取ってから使うべきだったかとも思う。が、後悔はしていない。開発とは決して後悔しないことだからである。

続きを読む
posted by Masa at 21:31| Comment(0) | 計算機囲碁 | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

全戦全敗ですか

>AyaBot 11/11 100.0
>MoGoDuoV1 0/11 0.0

この仇を討つのは謎電の作者に任せなさい(←もはや豪語というより、ちょー暴言[*1])。
[*1] この際「妄言」と表現するのが正しいと思われる。あるいは「寝言」というべきかも知れない。
posted by Masa at 17:57| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

一試/動作検証&デバグ (2)

やはり変である。思うに、彩の作者の結果と比べて(交点あたり1,000,000局の評価として)各交点の平均期待値差が±数‰以内に収まり、上下、左右、対角対称の期待値の誤差(というか格差)が、同様に数‰以内にならないと、何か問題があるような気がする。今のところどちらの条件も満たしてない。少し立ち返ることになるが設計を見直してみようと思う。

余談だが、動作速度については今のところ最適化条件を厳しくするとfitterが遅くなり過ぎるので緩めている。現在は(評価器も分散器も共に)80[MHz]でしか動かしてないが、先の問題をクリアしたら2並列化と共に評価器のrequired fmaxを132[MHz]、速度優先にして試してみるつもりだ。
【追記】
上記で「数‰」というなにやら怪しい記述になっている。これを少し補足しようと思う。根拠がちょっとエエカゲンだが、謎電の作者は次のように考えている。
試行局数がSの時、精度Pは大雑把に1/√Sになる筈である。S=1,000,000の時、P=1/1000ということになり、言い換えれば「十進数で3桁の精度」ということだ。つまりは[‰]単位の精度が得られることになるのだが、使用している乱数は純粋な真性乱数ではないので、幾らか甘い結果になるだろうという読みで「数‰」とした。ここでいう精度の基準は、得られる期待値の最大範囲、即ち−25〜+25の50の幅の「半分」=25が対象。従って±1‰は地の数にして±0.025という意味になる。念の為に書くが、ここでのPは「‰(千分率)」の単位であって「%(百分率)」ではない。
posted by Masa at 22:38| Comment(0) | 計算機囲碁 | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

一試/動作検証&デバグ (1)

というわけで曲がりなりにも(というより曲がりまくってるような気がするが)何となく動いているレベルまで来たようである。

が、しかしだ。

なんか、http://www32.ocn.ne.jp/~yss/monte.html で示されている結果と微妙に異なる。C3の位置に打つ手が最大になる、即ち最善手は同じだが期待値がやや大きく違う。このような現象が起きる理由は、アルゴリズムが微妙に異なるからなのではないかと思うが、もしかするとこっちのバグかも知れないので、もちょっと精密な検証が必要のようだ。

因みに現在、シングルコア実装で試験を行っているもののゴールが見えてきたような気がする。ふ、これでまた一歩、無謀に近づいたな。
posted by Masa at 21:45| Comment(0) | 計算機囲碁 | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

引退というわけでもなさそうな

↓CrazyStone(Quad)居なくなってますが。MoGoに対するグレイトな抗議に見えるのは私だけ?
snap0909.PNG
posted by Masa at 00:43| Comment(2) | ブログ | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

ラーメンタイマにハマったよ

謎電の作者−FPGAで囲碁プログラムを作ってみるついでにラーメンタイマを作る男(笑)
※彩の作者−FPGAで将棋プログラムを作ってみるついでにPICでモータを回す男(汗)

ラーメンタイマと言えども奥は深い。百獣の王ライオンは、兎一匹倒すのにも全力を尽くすように、謎電の作者はラーメンタイマを作るのにも資力死力を尽くす。いや実際深いですよ、チャルメラの音源捜すことに疲れた。にしても彩の作者は、いきなしモータ制御ですか。ブラシレスDCモータとかも奥深いですよ、更にセンサレスは激深いですよ。将棋で喰えなくなったらHONDAへゴー(←シャレになってない?)

かなり古い:http://www.honda.co.jp/factbook/auto/tech/19990706/004.html
やや新しい:http://www.honda.co.jp/news/2005/4050705b.html

というわけで本題の道楽の方、やっとデバグ準備完了。これからきっちりバグ取って、一試はさっさと終わらせてやるぜ、待っとれよMoGo(←ちょー強気)。
因みに故本田宗一郎は将棋アマ五段である。その免状を出したのは故升田幸三。免状を渡す時に升田曰く「本田さん、あまり外で将棋を指さないように」
posted by Masa at 21:23| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

国民性?

↓スゲ〜、てよりシラケてない? そろそろ産児制限しないと破綻する気がするんですが!?
snap0902.PNG
posted by Masa at 05:25| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。