2007年04月25日

External Clock

AVRは内部に校正済のRC発振器を持っているので、通常はそれを使って動かすことが出来るが、その場合の動作周波数は温度依存度が高く、日常使う時計レベルの正確な時間を刻みたいなら外部に発振器を置くことになる。

続きを読む
posted by Masa at 10:37| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

Parts web store

drfc16p.JPG品揃えがちょっと特殊だが、先日利用させて貰って良心的な店だと判ったので紹介しようと思う。

パーツフォレスト

積層キャパ50個頼んだらサービスで+30個付けてくれたりとか(汗)、ソレ以外になんかオマケのジャンク品が入ってたりしてました。元々欲しかったのは左写真のロータリスイッチだけだったんですけどね〜。結局色々買うてしもうた。
posted by Masa at 10:10| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

Coffee Break (5)

ふふふ、昨日の続きだ。

続きを読む
posted by Masa at 03:50| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

Coffee Break (4)

そろそろ彩の作者も呆れてきて、このブログを読んでないと思う(笑) それを待ってたのだよ。敵を欺くには先ず味方から、というヤツだ。

続きを読む
posted by Masa at 06:45| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月21日

Digitally Controlled Switching (2)

今回の改造ではMP4212の性能を使い切ってないものの、現状での電力変換効率と将来の実用回路に向けての案を書いて高圧DC-DCコンバータ二試を一旦終了しようと思う。

続きを読む
posted by Masa at 08:23| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

Digitally Controlled Switching (1)

以前、DC-DCコンバータをディスクリフルアナログで作った(http://professionalhearts.seesaa.net/article/33063860.html)が、二次試作として、スイッチング制御部分はtiny45(+標準ロジックデバイス)を使ってデジタルで、またHブリッジは専用部品で置き換えてみた。

続きを読む
posted by Masa at 08:54| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月19日

Coffee Break (3)

日本のGDPに対し、アキバに出掛ける度にちょっとだけ貢献している謎電の作者です、こんばんは。というわけで散財ツアーもシリーズ化しようと思っているところである。

続きを読む
posted by Masa at 06:56| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年04月18日

Digital-Analog Conversion by PWM (3)

前稿の例では変換元が急激に変化しないものを対象とした。今回はオーディオ信号帯域をATtiny45の内蔵PWMでDA変換する場合について実験してみたので、その結果を以下に示す。

続きを読む
posted by Masa at 07:23| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

Digital-Analog Conversion by PWM (2)

AVRにはADCが内蔵されている品種はあっても「DAC」が内蔵されているモノはない。しかしながら8ビットレゾリューション程度且つ低速変換で良いなら内蔵PWM機能を使う手がある。

続きを読む
posted by Masa at 07:21| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

休載のお知らせ

作者仮病の為、本日は休載させていただきます。

続きを読む
posted by Masa at 12:57| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

Digital-Analog Conversion by PWM (1)

アキバ散財ツアーで買ったものを見せびらかすだけというのもなんだかなあという感じなので、今回は8ピンAVRを使って遊んでみることにした。

続きを読む
posted by Masa at 07:43| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

Coffee break (2)

というわけで、もはや罪悪感すら覚えてしまう計数囲碁学的アキバ散財ツアーの続きである。

続きを読む
posted by Masa at 13:27| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年04月13日

Coffee break (1)

現在製作中のモノが未だ不完全なのでまた後日ということにして、先月の計数囲碁学的アキバ散財ツアーで買ったものを、更に少しずつもったいぶりながら見せびらかしていこうと思う(笑)

続きを読む
posted by Masa at 06:43| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

Discrete Voltage Reference (3)

先月「こちとら江戸ッ子でぃ、宵越しの金は持たねぇ」とか言いながら帰りの電車賃を気にしながらパーツ買ってた九州男児の謎電の作者です、こんばんは。というわけで自作基準電圧源最終回である。

続きを読む
posted by Masa at 04:08| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

Discrete Voltage Reference (2)

一般に基準電圧源を完全なディスクリート部品で組む場合、定電圧ダイオードのVZ(ツェナ電圧)を使うか、より精度の高い温度補償も含めた電圧源が欲しいなら、ダイオードのVF(順方向電圧)と、トランジスタのVBG(バンドギャップ電圧)を常数倍して組み合わせて作るのが定石だ。が、世の中便利になったもので、それを1個の部品で実現したモノがある。

続きを読む
posted by Masa at 06:02| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

Discrete Voltage Reference (1)

基準電圧源をディスクリで作る。例えば絶対精度±数%のモノを作るのなら安く簡単に出来るし、それで良いのならAVRの内部基準電圧源を使えば済む話でしかない。ここで求めているのは、そこから1桁どころか2桁の精度、温度補償を含めた確度が欲しいわけで、謎電の作者にとってかつて経験したことのない未体験自作ゾーンへの突入である。

続きを読む
posted by Masa at 04:24| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

小ロット生産者の喜劇

小ロット生産あるいはワンオフ製作でメシ喰ってる謎電の作者です、こんばんは(ってか、既に朝というか昼というか)。以前から見積もりを依頼しているのにも係わらずいつまでたっても正式な回答が返って来ない例の件について、先週初頭、再度おもいきし催促してみた。で、その返事がやっと来た。

続きを読む
posted by Masa at 11:10| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

ATtiny26L内蔵基準電圧源

話が前後してしまうのだが。ATtiny26LにはADCと共に公称2.56Vの基準電圧源を内蔵している。秋月価格1個¥280-(10個以上まとめて買うと単価¥250-)しかしないようなマイコンに豊富な機能を満載しているのは素晴らしいのだが、コレがいったいどの位の精度を持ち、それを基準としてAD変換を行った場合にどの程度の確度が得られそうなのか現物を実測してみることにした。

続きを読む
posted by Masa at 01:35| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

Servo-Motor Noise

以前、某彩の作者がモータ制御に挑戦されていたことをふと思い出した。だからというわけでもないのだが、先月アキバに行った時に千石電商で激安(と感じた)サーボモータを買ったので、ちょっと実験しみることにした。激安といえば中国製ということになるが、理由があって敢えて買った。

続きを読む
posted by Masa at 02:21| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

Discrete DAC

固定電圧の出力であっても基準電圧源は必要だが、任意の電圧を出力する為には、更にそれを制御する為の何かしらの工夫が必要になる。その制御の為のDACを、数ヵ月前に試作してみたことがあるのでそれをご覧に入れようと思う。

続きを読む
posted by Masa at 02:08| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

Apollo Guidance Computer

略称AGC。ライトスタッフだったかアポロ13だったかにそっくりさん?が出演した実在の計算機。ちょっと気になったので調べてみた。

続きを読む
posted by Masa at 01:55| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

LCD subsystem

HIDの内、入力は終わったので次は表示である。電圧電流値表示ならやや大型の7セグ表示が良いと思うが、やはり本格的なマイコン制御型電源を目指すなら、いろいろ細かな設定が出来るようにしたいし、更に精密な校正機能を実現する為にLCDも併用したいところだ。というわけで表示は入力と比べて高度になると思うのでサブシステム化しようと考えている。

続きを読む
posted by Masa at 02:20| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

AVRISP mkII

ATMEL AVR一筋百余日の謎電の作者です、こんばんは。先日、日本海溝の海底に沈みこむ勢いで注文したモノが、今日、やっと手に入ったので見せびらかそうと思う(笑)

続きを読む
posted by Masa at 01:44| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

Analog Ten-keyboard

仕事が無くなったので電子工作三昧の日々を送っている謎電の作者です、こんばんは。で、どうしてもまともな電源が欲しいので、もーいっそマイコン制御電源を自作しよう画策している。詳細仕様は煮詰めてないのだが、イメージとしては「出力電圧をキー入力で指定できる」という感じの物。というわけで、早速テンキーから試作してみた。

続きを読む
posted by Masa at 03:25| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

DMM

先日の計数囲碁学的横浜出張の時DMMを新調した。無論、説明するまでもないと思うがDMMとは、Digital Multi-Meter のことだ。本当はAgilentの据え置き型DMMが欲しかったのだが、それ買うとマジでFPGAカード買えなくなるので我慢したものの、結局計測器ランドでナイアガラの滝壺に飛び込む勢いで50000カウント級の展示品らしき新同の物を手に入れた。ので見せびらかすことにする(笑)

続きを読む
posted by Masa at 01:09| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。