2007年08月31日

StratixIII出荷開始

一応、Alteraから正式にアナウンスはされたが。

Stratix III FPGA ファミリの最初の製品を出荷開始:
http://www.altera.co.jp/corporate/news_room/releases/products/nr-siiishipping.html?f=hp&k=wn1

しかしながら純正の評価(あるいは開発)キットが出てるわけではないので結局手に入るのは来年だな、って感じだ。コレがそれなりにリーズナブルになってくると、間違いなく計算機囲碁は面白くなってくると思うんですがね。
posted by Masa at 16:18| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

マイコン制御基礎以前

@IT内で、コレは極めて巧いと感じた記事を見つけた。全く「してやられた」って感じで切り口が鋭い。

連載記事「マイコン制御基礎以前」
マイコン制御基礎以前(1)
マイコン制御基礎以前(2)

本ブログはハード非専門家向けで書いているつもりだが↑は更に超非専門家向けであるにもかかわらず、ファームの本質を突いた解説になっている読み物として面白いのではないかと思う。ので、ここで紹介しておくことにする。
posted by Masa at 16:00| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

また知恵袋からですが〜

光る東芝の歌:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012462980

確かに「走る」ってのが、謎電の作者も子供心に不思議に思っていたし、当時東芝が自動車産業に関与していたとも思えないのでどういう意味だろう?と疑問に思っていたことが氷解した。うーむ、目からウロコが落ちたような気分である。

でYouTubeで↓さよなら絶望先生のパロとの同時比較エディションを発見。コレもウケた。
http://www.youtube.com/watch?v=vSFoBNQpyxg
↓こっちは初期版
http://www.youtube.com/watch?v=q7jeqi3KWaI
posted by Masa at 21:11| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

太陽光でNi-MH充電システム (5)

やっと本題とも言える充電器本体に入る(汗) 今日はATmega48についてと、チャージブロックのスケマを暫定的に書いて、基板の方も着手してみた。

続きを読む
posted by Masa at 18:59| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

簡易フルアナログ非常灯

今日はATmega48の詳細調査と充電器本体の設計をやるつもりだったが、ふと思い出したことがあって非常灯を作ることにした。以前商用電源から小電流を取り出すアダプタを作ったが、そのアプリだ。

続きを読む
posted by Masa at 18:11| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

太陽光でNi-MH充電システム (4)

多少不満はあるものの、UPS付き昇圧器は出来上がったので、今日は性能計測結果も含めてリポートしようと思う。なお、回路定数は将来変更するかもしれないので為念。

続きを読む
posted by Masa at 17:45| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

チップ部品 (3)

今日は、トランス巻き捲くり三昧な一日を過ごしていた。しかしながら結局満足の行く性能が出なかったので、SBDのチップ部品を見せびらかしてお茶を濁すことにする(汗)

続きを読む
posted by Masa at 21:09| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

150W級スイッチング電源ユニット

すっかり忘れてしまっていたが、去年秋月で36V4.2A(150W級)のスイッチング電源を買った。150Wもあればホビーレベルならまず充分。今はもう売ってないようだが、今日はこれを見せびらかそうと思う(汗)

続きを読む
posted by Masa at 16:03| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

太陽光でNi-MH充電システム (3)

本題に戻ろうと思う。と言っても何が本題なのか書いている本人も判らなくなっているが(汗) 今日は、Ni-MH充電システムを構成する4つのブロックの内の「無停電電源付き昇圧器ブロック」について設計してみた。

続きを読む
posted by Masa at 13:32| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

Digitally Controlled Switching (3)

今日は、ふと思うところあって例のDC-DCコンバータの改造をやっていた。↓の続きの話である。

Digitally Controlled Switching (1)
Digitally Controlled Switching (2)

「ひとまず完」とか言いながら、突如続きを書いても宜しいでしょうか?

許す
posted by Masa at 18:05| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

定電流充電(てか、充電制御方式)の考察

今回作ろうとしているNi-MH充電システムは「定電流充電」ではないのだが、ちょっと興味深いネタをとあるAVR本から得たので、これをテーマに充電制御方式について考えてみることにする。勿論低コスト且つ合理的な手法の探求が目的である。

続きを読む
posted by Masa at 13:39| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

USB専用充電器 (2)

最近CPLDで遊んでた。小規模の回路しか組めないもののコレはコレで面白くちょっとした8ビットCPUが作れそうなので、何時か暇を見つけて74181×2個搭載に匹敵したTN8[*1]でも作ろうと思う(笑) で、すっかり本筋から逸れてしまったが、早速更に逸れようと思う、てか逸れても良いですか? 懸案となっていた「フルアナログUSB専用充電器」の続きである。実験的に前回示したスケマ通りに作ってみたので、その結果をリポートしておこうと思う。
[*1] T)とりあえず、N)なんとか動く、8)8ビットマイクロプロセッサ、の略である。

続きを読む
posted by Masa at 13:55| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

YMO

You Tubeで検索かけたら、当時見逃した映像が結構あった。80's初期、メチャクチャ流行ってたんだよなあ。懐かしくて見入ってしまったのでマトモそうなのを挙げておこうと思う。

Rydeen:http://youtube.com/watch?v=fCizQz1daSs
Technopolis:http://youtube.com/watch?v=slrQ-cW7IfU
以心電信:http://youtube.com/watch?v=PdhJXGhBcj0

↓1つの番組が3分割されているので注意
http://youtube.com/watch?v=fubMZKyQijg
http://youtube.com/watch?v=vKRIt8S5ArY
http://youtube.com/watch?v=0ZgspuGM6BM

↓極めて古い(初期の)レコーディング現場記録
http://youtube.com/watch?v=vEENR7WgnJA

↓コレは、ナンセンス過ぎてウケた。
http://youtube.com/watch?v=yVZInYu0iN0
posted by Masa at 05:03| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

サハロフ佐藤

計算機将棋の世界でマエストロ柿木選手を知らないヒトがいないように、アキバ徘徊者なら彼を知らないヒトは居ない、てか見たことがないヒトは居ないでしょう。ここ十数年の間、毎週土曜日になるとHP100LX持ってモーレツな勢いでブラインドタイプしながらショップからショップへ渡り歩きまわっているあのヒトです。

実はコレは秘密なんですが:-) DOS/V ISSUE時代は同業者でしたので一度お話したことがあります。秋葉原レポート中、メモリモジュールの中で使われてるチップのメーカ表示が付いていた時期があって、その由来を知っているのは謎電の作者だけでしょう。何故なら、ソレ頼んだの私でしたから(汗)

因みにサハロフさんは歳食ってるように見えますが若いんですよ。少なくとも謎電の作者より若い。でも、どっちかというと、

謎電の作者の方が若く見えるよね、ね、ね!

サハロフの秋葉原レポート:http://www2s.biglobe.ne.jp/~sakharov/
posted by Masa at 10:47| Comment(0) | 御主只者ではないな | 更新情報をチェックする

Ni-MHの電池内部抵抗計測

今日は、eneloopの内部抵抗を測ってみた。手法はテブナンの定理そのものを用いて行ったのだが、となれば当然ながら基準となる負荷抵抗器が必要となるわけで、これも自作してみた。

続きを読む
posted by Masa at 05:45| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

コイツは「してやられた」って感じだ

電子工作の定番と言えば「電子サイコロ」とか「ラーメン(エッグ)タイマ」だが、普通これらは役に立たない。特にラーメンタイマなんて、使おうと思った時には電源を用意するのが億劫で、結局台所にある砂時計を使ってしまうのがオチというものだ。が、「学会用タイマ」なんてのがあるのには、ちょっと感心した。これは単に応用力の話ではあるが。

学会用タイマ:http://www.okuma.nuee.nagoya-u.ac.jp/~murahasi/cft/index.html

> Q1. どこに行けば入手できますか?
> A1. 完成品は入手できません。
>   自作する気力がある人は連絡してください。

自作する気力がある人は、連絡せずに自作すると思います(汗)
posted by Masa at 04:58| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

無停電電源付き小電流AC/DCアダプタ

では早速話を逸らすことにする(汗) 今回は、以前書いた「んもー、ちょー簡単微小電流AC/DCアダプタ」の続きだ。前回は、連続出力で1[mA]、瞬間的に2[mA]程度の許容しかないAC/DCアダプタだったが、ここではその5倍の許容を持ち且つ商用電源が停電した場合でも、ある程度の時間は電力を供給出来るように改良してみた。

続きを読む
posted by Masa at 03:23| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

太陽光でNi-MH充電システム (2)

本題に入ろうと思う、とか言いながら本題から逸れまくっているが、そういうブログなので(汗) んでもって今回は、充電システム全体の概要について書く。

続きを読む
posted by Masa at 05:25| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

ハンダリール台

ほぼ8割くらい部品の整理は終ったが、いろいろ実作業がやりにくいので、今日はハンダリール台を作ってみた。

続きを読む
posted by Masa at 03:17| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

USB専用充電器

何時発売になったのかちょっと気が付かなかったが、SANYOからUSBを電源にしてeneloopを充電する充電器が出てた。ふ、これは謎電の作者に対するSANYOからの挑戦状だな(汗)

http://www.e-life-sanyo.com/products/n/N-MDU01S/index.html

で、コレは商品としてウケるのかどうなのか微妙な気はするが、面白いのでフルアナログで作ることを考えてみる。

続きを読む
posted by Masa at 02:06| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

語弊があるので訂正

「FPGAの造りかた」は、かなり語弊がある上に無理もあるので訂正しようと思う。

C)ちょっと思い付いたデジタル回路を
P)パッと手配線で作れる
L)ロジック
D)デバイス

以上のように訂正し、将来「CPLDの造りかた」で続編を書く予定である。
posted by Masa at 03:44| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

んもー、ちょー簡単微小電流AC/DCアダプタ

ふと思いついたアイデアがあって、それを作る準備としてAC/DCアダプタを試作してみることにした。既製のモノを使っても良かったのだが、最先端計量電子工(作)学的に、やっぱ自作するか、という気になったわけである。

続きを読む
posted by Masa at 23:33| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

太陽光でNi-MH充電システム (1)

というわけで本題に入ろうと思う。商用電源のように電力が安定しているのならともかく、太陽光からの充電システムは実のところ無理がある。非の打ち所のないモノを作るのは結構難しく、例えばSANYOが出しているシステムは、一旦リチウムイオンに貯めておいてそこから間接的にeneloopに充電する、といったようにワンクッション置いている。こうしないと「正統な充電」が出来ないからだ。正統な充電とは、一定の電流、場合によっては一定の電圧を保って充電することを意味する。

続きを読む
posted by Masa at 23:32| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

休載のお知らせ

作者重病の為、本日は休載させて頂きます。

続きを読む
posted by Masa at 16:48| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

FPGAの造りかた (2)

例の「ふと思いついたデジタル回路をパッと作れるゲートアレイ」の原理試作をやってみた。

続きを読む
posted by Masa at 23:47| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

激安CPLD評価(セミ)キット

オプティマイズから良心的な案内があったので、ここで紹介しようと思う。

> アルテラのCPLD MAX2(EPM570T100C5)を使用した低コスト(\1600)CPLDボードを開発しました。570ロジックエレメント(レジスタ)、76I/O、8Kbitフラッシュ、内臓RCオシレータにより幅広いアプリケーションで使用できます。
> CPLDボードはコンパクトなサイズながら、3.3Vレギュレータ、JTAGコネクタ、水晶発振器(オプション)を搭載しています。
>
> 低価格なJTAGライター(\1000)も用意していますので、アルテラの無償版QuartusIIを使用して手軽にロジックデザインの開発が可能です。
>
> 詳しくはこちらのページをご覧ください。
> http://optimize.ath.cx/max2/index.html

使用されているEPM570T100C5は、トラ技2006年4月号付録の倍以上の資源、Digi-keyで1個だけ買うと¥1,722-のCPLDだ(米Alteraの販代から50万個買うと@us$2.3-ではあるが)。有料で製作代行もやってくれるので、チップ部品の実装に不安のある向きにもお奨めする。
posted by Masa at 22:13| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

電気二重層とPAS

電気二重層は、別名スーパーキャパシタ(NECの商品名)とかウルトラキャパシタとも呼ばれる。PASとは、PolyAcenic Semiconductor:ポリアセン系有機半導体)のことで、昭栄エレクトロニクスが出している画期的ともいえる大容量キャパシタのことである。

太陽光発電パネルを用いたNi-MH充電システムを作るに当たり、主にマイコンのバックアップ電源用として新たに調達してみたので、今回はこれらをみせびらかすことにする(汗)

続きを読む
posted by Masa at 17:17| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

ジェフの英語

未だ部品整理中。なので、選手権の余談話でも書こうと思う。内容的には本家向きの話だが、オモテではちょっと書き難い話でもあるし、コッチで書く。

続きを読む
posted by Masa at 14:46| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

純正充電器

近くの雑貨屋でSANYOのeneloop純正充電器を買った。。。

続きを読む
posted by Masa at 19:00| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

チップ部品 (2)

現在、仕入れて来た部品の整理中である。ハッキリ言って何がどこにあるのかさっぱり判らん状態に陥ってしまっている(汗) というわけで一段落するまで散財ツアーシリーズを続けようと思う。今回はチップ部品第2段、キャパシタ編をお送りする。

続きを読む
posted by Masa at 00:02| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

広島

8月6日は、世界で最初に原爆が落ちた日である。その地は広島だが、この「広島」という地名は世界的に有名で、以前アメリカのガキお子様に「知っている日本の地名を教えてくれ」と言ったら、返ってきた答は、

Tokyo, Hiroshima and Tokugawa

だった。。。Tokugawa? 徳川って地名なのか!? ググってみると、

・愛知県名古屋市東区徳川町
・群馬県太田市徳川町(旧:群馬県新田郡尾島町徳川)
・上野国新田庄世良田郷徳川村

があったが、アメリカではこれらの地名が広島に次いで有名らしい(汗)

因みに「日本人の名前」を尋ねたら、

Nakata, Ichiro and Ninja

だった。。。Ninja? 忍者って人名なのか!? しかもイチローに次いで有名だとは知らなかった(激汗)
posted by Masa at 20:42| Comment(2) | ブログ | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

チップ部品 (1)

太陽誘電がアキシャルリードインダクタを出したのは15年位前だったと思う。謎電の作者が最初に知ったはその頃だ(もしかするとそれ以前にはあったかも知れないが)。アナログは挫折(汗)したので、その後疎遠になってしまったものの世の中の電子製品は更に軽量小型化が進み、5年くらい前だったかチップインダクタを見た時は感動したものである。

最近やっと、そのチップインダクタを扱う店を見つけた(と言っても千石くらいしか知らないのだが)ノイズ対策用で使えそうな10μH品を手に入れたので見せびらかそうと思う(←んなモン見せびらかしても意味ない気もする)

続きを読む
posted by Masa at 23:21| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

TOKYO GP

「ふ、まだまだ右曲がりとゆーモノが判ってねえな。。。いいか、右折とは、、、こお、やるんじゃああああぁぁぁぁ[*1]」ってのがTOKYO R246の第1コーナに突入する時の謎電の作者の掛け声である。

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070804k0000e050074000c.html
http://www.asahi.com/sports/update/0805/KYD200708040005.html
http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20070805-OHT1T00091.htm

まだ構想の段階とはいえ、日本は自動車超大国になっちゃったんだなあ、しみじみ。
[*1] 参考資料:
http://www.w-safety.jp/bike/manners/Gen_turn_R.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E5%8F%B3%E6%8A%98
↑これがオチかよ!?(←ウケない、ってよりオチてない)
posted by Masa at 11:02| Comment(0) | 雑談 | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

勝手に第1回世界Ni-MH一本で白色LED点灯選手権

昨日紹介したDesign Ideasの中に、これこそ最先端計量電子工(作)学で扱うに相応しい!と思った記事を見つけたので作ってみた。内容としては「乾電池1本でLEDを点灯させる昇圧器」なので、その事自体は珍しくも何ともないが、意表を突かれた上に部品点数が少なく軽量小型省電力低コスト、呆れる程簡単なところが気に入ったのだ。

EDN Japan "Design Ideas" 2007/05:昇圧回路を利用して電池1個で白色LEDを駆動

続きを読む
posted by Masa at 09:26| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

がんばれ、ルーマニアの人々よ

少し昔(たぶん去年)に読んだのだが、面白かった本なので紹介しようと思う。

世界の日本人ジョーク集 早坂隆

この中から謎電の作者的に感銘を受けた話を以下に引用しようと思う。

> 「どうだい、僕のベッドはソニー製さ。凄いだろう」

続きを読む
posted by Masa at 18:46| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

んもー、ちょー簡単Lメータ

Lメータとはインダクタンス計測器のことである。Rは勿論Cもfluke187を使って相当な確度で測れるが、必要になることが殆どないのでLだけは放っておいた。で、何時か自作しようと思っていたところ、先月のEDNの名物コラム"Design Ideas"にインダクタンスの値を計測可能な簡易テスターという記事があり、過激に簡単だし少々アレンジして作ってみたので、今日はそれをリポートしようと思う。

続きを読む
posted by Masa at 02:03| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

台風直撃中

4号もそうだったが、5号よ、おまえもか!! って感じだ。でもなあ、目の中に入っていると結構穏やか。目の中に入れても痛くないってヤツ?(←ちがう)というわけで、心配は無用だ(←ダレも心配してないって)。

しっかしなんちゅーか、アレですよ。台風なんてのは電気代の要らない天然の巨大掃除機ですよ、掃除になってないけど(汗)
posted by Masa at 14:24| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

手動可変型非安定化低電圧直流電源

今後開発を進めていく上で必要な試験用治具を一つ作ろうと思う。リハビリ代わりに「手動可変型非安定化低電圧直流電源」、簡単に言えばちょー手抜きレギュレータ(汗)を可変抵抗器とトランジスタで作ってみることにする。仕様としては、

・AC-DCアダプタを電力供給元とし、そこから必要な電圧を出力
(具体的には0〜5[V]程度の範囲で手動調整可能であること)
・定格電流は500[mA]もあればOK
(但しピークで1A流しても問題がないようにしておくこと)

という感じだ。負荷に因っては多少出力電圧が変動しても由とする。

続きを読む
posted by Masa at 00:12| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

なぜか、心の底から笑えたQ&A

Yahooの知恵袋の問答内容があまりに可笑しかったのでリンクを貼っておくことにする。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1222657

謎電の作者も結構HDLとスケマはチャンポンにして作る。客先が(納品形態を)指定しない限りである。なんでもHDL、あるいは何でもスケマで作ろうとするのは時々無理がある。例えばgoto文まったくなしで完全な構造化プログラミングにしてオブジェクト指向にしたところでバグを出すやつは出す。goto文がない=プログラムが読み易い、メンテしやすいという保証もない。goto文を使うか否かは善悪を超越したところにある。

74マクロを多用するのはそのファンクションを知り尽くしているからで、本能的あるいは条件反射的にそうしてしまうのだろう。FFのclkにゲートを付けるのは別に反則ではないしQuartusIIのマニュアルにも紹介されている手法だ(Gated clock)。が、そこに書かれてあるのは「NOTゲートを複数個繋いでディレイ作っても意味がない」という意味。それもまた古き良き時代の手法で、そういうアナログ的なテクニックが使い難くなっていることは確かだ。
posted by Masa at 14:54| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。