2008年12月30日

Google電卓でハイジOPを解析したついでに地球の重力加速度を計算してみる

Google電卓は「単位の演算」も平行してやってくれるので結構便利で、謎電の作者は頻繁に使っている。オンラインでないと使えないがインタネット常時接続が当たり前になっている今では、それが不便だとは感じないものの少々不満があるにはある。が、それは置いといて、今回は「アルプスの少女ハイジOP内にある、ハイジが乗っているブランコを吊っている紐の長さ」をGoogle電卓で計算してみることにした。

続きを読む
posted by Masa at 04:14| Comment(2) | ブログ | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

らき☆すたに見る頭文字Dの世界とは?

今回は日本のサブカルチャについて考えてみる。テーマはJapanimation と J-Euro(+α)である。先ずはらき☆すたの第6話からイニDのパロディの引用。

http://jp.youtube.com/watch?v=5Bu2nvQVOTI

続きを読む
posted by Masa at 03:30| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

トヨタですら赤字なのか。

私が知る限りどんな不況下にあっても黒字だったトヨタが赤字になるとは、このご時世は異常だ。ホンダがF1撤退したのは当然として、トヨタは続ける気があるようなので黒字だろうと思っていたが。パナソニックがトヨタF1をスポンサードしている以上、そう簡単にはやめないとは思うものの2年後は判らない。それはともかく、ただでさえ少ない謎電の作者の仕事が更に減った、てかゼロ。もはや笑わずにはいられない(笑)

というわけで今日は暇なのでやね選手のブログを読む。以下感想でも書く。

続きを読む
posted by Masa at 01:42| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

ああ知らぬ間に価格改定している秋月のCRD

今気が付いたが、秋月で扱っているCRD(勿論バラ売りの話)、価格が改定されていた。

・定電流ダイオード:http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?c=crd&s=popularity&p=1&r=1&page=

なんということか。5本以上お買い上げの大口のお客様に対し、@¥30-になっている。先日10本買った時@¥50-出したが(汗) 惜しむらくは、秋月では、15/10/5.6/1/0.1[mA]品の5種しかなくて、謎電の作者としては温度係数がほぼ0に近い0.5か0.3[mA]品が欲しいところなのだ。記憶が曖昧なのだが10本一組¥500-で全品種売っていた記憶がある。どの店だったか思い出せない。と言っても思い出したところでアキバまで買いに行くつもりがあるわけではないのだが。しっかし謎電の作者に黙って価格を変えたというのは非道い、非道過ぎる。一言相談して欲しかった。相談されたからと言って、それでどうするわけでもないのだが。
posted by Masa at 06:43| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

第2回UEC杯コンピュータ囲碁大会

の結果について、何か一言謎電の作者的にコメントしておいた方が良いのだろうか? 特に「日本一強いですよ」とかなんとか言ってた輩について、チビシク指導したいところだが。

運も実力の内
常日頃の足し算行ないがモノを言う

グッドゲーム加藤選手のご活躍と不動碁のご躍進に心からお慶び申し上げたいと思います。
posted by Masa at 03:07| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

国民の生命と安全を守る自衛隊の責務とは?

未確認飛行物体とかゴジラ襲来といった有事の際に、自衛隊は一体どう対処するのか。国民の皆様に対して非常に解り易いギャグ政府見解をYouTubeで見つけた。

http://jp.youtube.com/watch?v=V-Iv_TxDsVI

因みに現自衛隊法(最終改正H.20/6/18)はこちら。自衛隊の任務については第三条に明記されている。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S29/S29HO165.html

プラモデル石破議員は現在農水だが、防衛やらせていた方が面白かった良かったのではないか?
posted by Masa at 03:25| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

JIS検索

個人的なメモだが。JISで制定している内容を厳密に知りたい時、このデータベースは使える(但しPDFファイルとして保存は出来ず閲覧のみ)。

http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html

「JIS X3003:電子計算機プログラム言語Full BASIC」なんてのがあったのは知らなかったが、「JIS Z8401:数値の丸め方」てなことまで制定しているとは。計算機処理では一般に規則B(四捨五入)を使うが、規則A(最近接丸め)は銀行屋の端数処理だ。コレが「JIS丸め」の別称を持っている意味がやっと判った。他に「JIS S8507:ピアノ」とか「JIS Z8106:音響用語」といった文書が個人的に興味深かった。

続きを読む
posted by Masa at 18:48| Comment(2) | ブログ | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

ロスレスと非圧縮の違いが解る男のオンキョーネットトップ?

勿論、元ネタはよっちゃんイカやね選手のとこからだ。謎電の作者的に思うところを書いておく。人の聴覚による主観的にしかならない判断ではなく、例えば計測器を用いて異なることが確認できた、という前提で違うのなら、

1) オーディオコーデックのエンコードあるいはデコードロジックがバグってる(ロスレスの再生時の話)。
2) 電源(グラウンド含む)、シールド(外来・輻射ノイズ防護)が甘く、再生系データ経路の違いによりデジタル側から直接的(主に誘電起電力に因る)あるいは間接的に(例えば電源経由で)アナログ回路側へノイズが乗り、それが可聴域を超える高周波であっても混変調歪が出ることになり、人の耳に聴こえる。

上記1)は論外だが、2)は、例えばロスレス再生時はデコードを行う必要があってマザー側プロセッサは忙しい筈で、その分ノイズが乗り移る可能性がある。サブ基板側の写真を見ると、アナログ回路とデジタル回路がブロック化されてはいるものの、アナログ側にシールドらしいシールドが見当たらない。となればマザーも含んでデジタル側からノイズを拾って当然。余談だが、

>スペック的には同社が昨年発売したUSBオーディオモジュールのSE-U55SXに近いが、SE-U55SXのS/N比が115dBなのに対して、本機は120dBを達成していることなどいくつかの違いがあることから、別に作り直したものだと思われる(オンキヨー自身も専用設計とアナウンスしている)。

と書かれてあるが、シールドなしでS/N120[dB]を確保できるなんてのは信じがたい(後述のSE-200ですらS/N115[dB]で、計測方法が異なるとしか思えん)。

付け加えて、コレ光出力がなく音への拘りが中途半端。ONKYO といえば10年前にSE-70という(当時としては)相当クオリティの高いサウンドカード(ONKYOは「オーディオボード」と呼んでいるが)を出していた。今は10周年記念モデルSE-200PCI LTDがある。懐が寒いので買えない(汗)のだが、PCに収納するタイプならコッチの方をお勧めしたい。音に拘るなら(リニアPCMでなければ嫌だというのなら)、光出力からまともなアンプにつなぎ、更にまともなスピーカあるいはヘッドフォンで聴いて欲しい。

それでもロスレスと非圧縮で音が違って聴こえるなら、それこそビョーキである。地球人の現在の医学では治せない可能性を否定できないが、一応病院に行くことをお勧めする。ちなみに謎電の作者は、キャパシタと山下の違いが解らないどころか、最近は「らき☆すた」と聴くと「やま☆すた」と聴こえるようになった。末期的ノイローゼのようである。
posted by Masa at 16:09| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。