2009年02月28日

ああっ、秋月の表記が変わっている!!

以前、「合わせて買いたいか!?」という記事を書いたが、今確認したら「関連商品」に変更されていた(証拠のスナップショットを撮っておくべきだった)。。。ゲゲゲ、ままままさか秋月関係者がこのブログを読んでいる?? しっかし、もはや誰がこのブログを読んでいるか見当が付かない状態だからなあ(汗) とにかく謎電の作者はとっても臆病なので、読んでいても読んでないフリをして欲しい。

続きを読む(余談)
posted by Masa at 07:54| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

謎的低圧電源用バッファの周波数特性

今回は、スピーカを繋いだ時の謎的電流バッファの単体の周波数特性について調べてみる。昨日からいろいろと調べていたが、LTspiceはAC系解析がなんか物凄く変だ(汗)これはSPICE系全般に言えることかも知れないのだが。

続きを読む
posted by Masa at 22:37| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

検討用謎的低圧電源用バッファマイナチェンジ

例の謎的標準バッファを検討していたのだが、いろいろと問題が判ってきたので、少々リビジョンアップしようと思う。

続きを読む
posted by Masa at 01:44| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

低圧電源用オペアンプ NJM2115D

今までNi-MHセル2本で動くオーディオ系アプリは正直作ったことがないので、そういう電源で動くオペアンプを今頃探している謎電の作者です、こんばんは。

秋月でパッと探してみてNJM2115Dくらいしか見当たらない。

・ オペアンプ NJM2115D
 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02488/

@¥100-。4580DDより高いとは。低圧用オペアンプとして人気がないということか、ググってみても自作が殆ど見当たらない。こういうケースではRail2RailのCMOSオペアンプを使うのがデフォなのだろう。しかしここでは敢えてトランジスタベースをチョイスする。

・NJM2115Dデータシート
 http://semicon.njr.co.jp/njr/hp/fileDownloadMedia.do?_mediaId=915

続きを読む
posted by Masa at 21:47| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

真の「合わせて買いたい」商品とは?

秋月で昇圧型DC-DCコンバータHT77シリーズを扱いだした(店頭では先月からだと思う)。これはAVR等のマイコンをNi-MHセル1個で確実に動かしたい時、いくつかの外付け部品は必要だが簡単に実現出来る製品だ。デコデコ自作の愉しみが無くなるものの、コンバータ自体の消費電流が小さく、電力変換効率が実測75〜80[%]くらいある(周辺部品の品質に因る)のでお勧めしようと思う。

・PFMステップアップDC/DCコンバータ HT7733A(4個入)
 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02799/

・PFMステップアップDC/DCコンバータ HT7750A(5個入)
 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02800/

書くまでもないと思うが、上が3.3[V]品、下が5[V]品である。また、精密アナログ回路の電源としては使えない(向いてない)ことを誤解のないように予めお断りしておく。

データシート:http://akizukidenshi.com/download/ht77xxa.pdf

続きを読む
posted by Masa at 15:55| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

秋月で扱いだした、何やら恐ろしげな電気二重層

@¥30,000−。ビルゲイツですら、ちょっと大人買いするのを躊躇するであろうと思われるルビコンのElectric double-layer capacitorを秋月で扱いだしたようだ。が、アキュフェーズなら100個くらい使って並・直列に組んで使いそうで怖い。

・電気二重層コンデンサー 1900F2.5V
 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02829/

続きを読む
posted by Masa at 20:13| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

オーディオ用Ni-MHセル

今まで黙っていたが、実は密かにNASAが謎電の作者が狙っているバッテリがある。あと、これまた秋月にツッコミを入れたいこともある(笑)

続きを読む
posted by Masa at 03:09| Comment(2) | 自作 | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

ガッツポーズ問題

もう既に古い話なのだが。

・朝青龍ガッツポーズ問題、武蔵川理事長が高砂親方を注意へ:
 http://www.yomiuri.co.jp/sports/sumo/news/20090128-OYT1T00766.htm

>理事長は「これだけ騒がれているのだから、師匠は説明に来るべきだ。指導者として恥ずかしいこと」と、高砂親方を厳しく批判した上で、師弟から謝罪や連絡がないことを問題視。「こうしたことが続くなら、今度は(処分を)理事会にかけることになる」とも述べた。

日本の競技は、大抵礼に始まり礼に終わる。そういう文化だ。野球のような競技であればともかく、特に国技であることで「ガッツポーズ」が問題視されるだろう。しかしながら1999年9月5日放送のNHK杯▲神吉▽森内戦の、あの放送終了間際の神吉のガッツポーズは問題とならなかった。何故か?

キャラ的にOKだから

という理由からだろうし、あの直後、神吉が即座に森内に謝ったからだろう。もし仮にルクシオン谷川-やっててよかった羽生戦でどちらか勝った方がガッツポーズをとったら、それは大変な騒ぎになると思う。

で、ここで議題にしたいのは、例の超E難度の大技「ニシムラ[*1]」の件についてである。太さ3センチくらいの枝をでスパっといってガッツポーズをとる、というのが技の内容とシーケンスなのだが、この最後のガッツポーズについて国際計算機将棋連盟では問題としない。いや、問題としないというよりガッツポーズをとらないと技としての成立を認めないのである。

というわけで、いっそのこと罰ゲームは「ニシムラ」の実演公開でどうだろうか? ボナンザのソース公開より「ニシムラ」の実演公開の方が計算機将棋関係者を震撼させるのではないかと思うのだが。勿論、太さ3センチくらいの枝とについてはマイムーブ西村自身でのご持参をお願いしたい。
[*1] この技は、故三船久蔵十段の「空気投げ」に匹敵する。↓は参考動画。
http://www.youtube.com/watch?v=1ye5DC7sVTw
http://www.youtube.com/watch?v=WMw_Jtn3Avc
posted by Masa at 04:30| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

電流バッファの回路方式の違いによる入力インピーダンスの考察 (3)

というわけで、トランジスタを用いてバイアス電流源を作る方式の問題点と対策案について述べる。本ブログの熱心な訪問者は非常に優秀なので既にオチが見えていると思うし、その答は前稿までに半分書いているのだが、書いておかないと誤解を生じかねないので念押しをしておく。

続きを読む
posted by Masa at 22:41| Comment(2) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

秋月で扱い出したTO-92新コンプリトランジスタ (2)

最近またコンプリで新種を扱い出したみたいなんじゃが。ところで[NEW]マークを表示しなくなったのね、リニューアル前と違って。

・2SA817-Y(5個一組¥100-):
 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02844/
 データシート:http://www.semicon.toshiba.co.jp/docs/datasheet/ja/Transistor/2SA817_ja_datasheet_071101.pdf

・2SC1627-Y(5個一組¥100-):
 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-02843/
 データシート:http://www.semicon.toshiba.co.jp/docs/datasheet/ja/Transistor/2SC1627_ja_datasheet_071101.pdf

続きを読む
posted by Masa at 05:13| Comment(0) | 散財ツアー | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

WBC宮崎合宿、明日は定休日

全世界1億2776万人(推定)の原Japanファンの皆様、地元の謎電の作者です、こんばんは。今日のサンマリンスタジアム宮崎は、4万4千人入ってました。平日の朝から何でこんなに人が来る? そんな暇がどこにある??

もしかして、コイツ等全員、俺と同じく失業者なのか!?

と、謎電の作者は予測している。しかも「ついでに宮崎県庁ツアー客」がこれまたイモ洗い海水浴場状態のようだった。。。で、明日19日は代表候補合宿練習お休み(休養日)ですので、ご注意ください。
posted by Masa at 21:25| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

うずちゅう中川前財金相は日本経済を救ったか?

2日連続で話題になっていることに謎電の作者がコメントしないわけにはいくまい。事の始まりは今年1月の「うずちゅう」発言からだろう。東大法学部を出ていても酔っていれば漢字くらい読み間違える。それはご愛嬌だ。しかしながら東北大卒で足し算を間違えたり、シラフで「新鮮味がない」発言は許せないが。それはともかくG7後、突如として円安傾向になっている気がするが、アレが円安を狙った芝居であったとするならば、

前代未聞のとてつもなく斬新且つ画期的ギャグ政策である

と、謎電の作者は評価している。が、この躓きは痛い。何れ自民党総裁になる人材だと思っていたのだが。因みに酒酔い運転は現在25点減点、一発で免許取り消しである。酒酔い記者会見はどれくらい減点されるのだろうか?[*1]
[*1] 参考にした元ネタ:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1120249761
posted by Masa at 22:06| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

電流バッファの回路方式の違いによる入力インピーダンス考察 (2.5)

ちょっとインタミッション。LTspice内の標準モデルを使っていろいろとテストしていて、現実とかけ離れ過ぎる状態に陥ったので書いておこうと思う。

続きを読む
posted by Masa at 18:46| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

電流バッファの回路方式の違いによる入力インピーダンス考察 (2)

というわけで本題に戻る。今回はバイアス電流源をCRDで作った場合と、トランジスタで作った場合の2つを比較する。

続きを読む
posted by Masa at 01:08| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

電流バッファの回路方式の違いによる入力インピーダンス考察 (1.51)

更に続き。前稿で、2N3904/2N3906のモデルを使ったが、これがまたなんだかコンプリな特性を持っておらず(特にhFEが揃ってない)変なオフセットが出て説明用としては不適当だった。そこで現実のモデルとは微妙に合ってない気はするが、トラ技にある2SA1015/2SC1815のモデルを使うことにする。

続きを読む
posted by Masa at 17:03| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

電流バッファの回路方式の違いによる入力インピーダンス考察 (1.5)

続編に入る前にアントラクトとして、CRDの等価回路のサブサーキット化と、更にトランジスタを用いた謎的(準)定バイアス電流源回路との特性比較結果について書いておく。

続きを読む
posted by Masa at 01:52| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

電流バッファの回路方式の違いによる入力インピーダンス考察 (1)

今回はLTspiceを使って、回路方式の違いがどのように入力インピーダンスに影響するかを考察してみる。

続きを読む
posted by Masa at 16:09| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

合わせて買いたいか!?

リニューアルした秋月のオンラインショップのことなんじゃが。これらを本当に合わせて買いたいか?

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-02151/

>チップ積層セラミックコンデンサ 100μF 6.3V[3216](10個入)
これが¥300-、つまりは@¥30-

>チップ積層セラミックコンデンサ 100μF 6.3V[3225](1000個リール)
これが¥60,000-、つまりは@¥60-

サイズは違うが、何故にリールで買って倍高い!? ちなみに小口(10個一組)の方は@¥80-ではある。コレは高過ぎ。思うに在庫吐けないので「合わせて買って欲しい!!」の間違いではないかと、謎電の作者は分析している。嘘も方便?
posted by Masa at 03:29| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

CRDのバラつき実測結果

参考までに、以前秋月で買ったE-101×10本とE-102×10本の実測結果を書いておこうと思う。

続きを読む
posted by Masa at 07:43| Comment(0) | 自作 | 更新情報をチェックする

…ローゼン麻生先生、それ、頓死です。

正直者が馬鹿を見る。政治家というのは事実やら心の中に思ったことをウッカリ言ってしまったりするとオワるものだとつくづく思う。

・小泉氏が「反麻生」宣言=倒閣運動に発展も−自民
 http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2009021201004

キャラ的に麻生先生は面白いと思っていたが、この難局は乗り切れないだろう。てか、あの例の発言は頓死である。おそらく麻生先生をこれまで支持してきた連中も首を傾げている筈で、そこにカラオケ小泉元首相のこのコメント。これは麻生おろしに確実に発展する。過去の三木おろし以上の大規模倒閣運動になることは必至、と謎電の作者は予想する。政治的難局以上に世界恐慌に陥りかねず、不況があまりに長期化すれば自殺増加・暴動・内乱、最悪戦争にすら発展しかねない状況では、どこが政権を獲り誰が首相になっても、それは貧乏クジを引くようなモノだとしか思えない。が、とにかく次の首相はもっと斬新且つ画期的政策を打ち出せるスマートな政治家にやって欲しい。とはいえ、過去にドン金丸を親分とし、ハウス鈴木(宗男)を兄弟分に持つクラッシャー小沢では期待しようもないが。

そこで、そのまんま東国原ですよ(笑)

と言いたいが、多分次の衆院選には出馬しないだろう。一期も務めていない内に知事から国政に出るのは県民も支持しないだろうし、本人もそう言っている。余談だが故佐藤榮作先生、昔シャレ飛ばしてたなあ。「参議院を制する者は政界を制する」 いや、シャレというより座右の銘だったのかも知れない。というわけで「足し算を間違う者には世界は制せない」これを謎電の作者の座右の銘としようかどうしようか悩んでいるところである。付け加えて「新鮮味がない」発言についても国会の場でチビシク追求すべきではないかと思っている。
posted by Masa at 01:21| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

CRDのモデル

等価回路シリーズ第2弾(笑)今回は石塚のCRDのモデルを考えてみる。CRDはJ-FETで作れることが一般に知られているものの、LTspice付属のデバイスモデルライブラリだけで作ろうとすると結構大変な騒ぎになる。恐らく、普通は強制的な定電流源に置き換えると思う。が、それだと目的とする精密なシミュレーションを行い難いし、かと言って自分で正確なデバイスモデルを作れるほど私はSPICEを知り尽くしているわけではないので、ここではあくまでLTspice内の標準J-FETだけで石塚E-102(1[mA]仕様のCRD)を近似してみる。

続きを読む
posted by Masa at 18:35| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

あのキャパシタの狙いとは一体何ぞや

前稿の続きだ。「ダイアモンドバッファ内で使っているキャパシタ(C3)の狙い」と、その効果を確かめるシミュレーション結果を書いておこうと思う。

続きを読む
posted by Masa at 21:07| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

検討用標準ダイアモンドバッファ回路モデル

標準、と言ってもこのブログ内の標準であって、NASAが世界標準を狙っているわけではない。

世界の標準から見れば、私の回路はまだまだです(笑)


続きを読む
posted by Masa at 05:29| Comment(2) | LTspice | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

スピーカの等価回路

あまりにマニアック過ぎて、どういう意味なのか世界で100人理解出来る人が居るか否か、しかも極めて個人的な利用に留めている内容をブログに書いてもしょうがないのでネタにしなかったのだが、「ダイアモンドバッファ」をキーワードにGoogle検索やってたら非常に興味深い事を書かれてる方がいらっしゃったので引用し、自分で使っている回路例を書いておこうと思う。

・引用元:nabeの雑記帳「ループする回路に意味はあるのか」
 http://nabe.blog.abk.nu/loop-buf

>より正確に見るには、スピーカーユニットの低域共振を押さえ込む様子を再現(または測定)する必要があるようですが、はてさてどうしたものか。
>何か良いアイデアはありませんか?

恐らく「スピーカのインピーダンス特性をなるべく再現出来る等価回路」を意味されているのではないかと思う。一般的なヘッドフォン用スピーカ(一言で云えばフルレンジ)のf0付近でインピーダンスが増えるような典型的なモノで良ければ私が今使っているシミュレーション用等価回路を示しておこうと思う。

続きを読む
posted by Masa at 18:12| Comment(0) | LTspice | 更新情報をチェックする

Stratix IV GT / Arria II GX

2月3日の段階でアナウンスメントがあったようである。

http://www.altera.co.jp/corporate/news_room/releases/products/nr-transceiver-portfolio.html

>Arria II GXデバイス最初の製品となる「EP2AGX125」は本年5月に出荷され、第4四半期に量産出荷予定です。Arria II GXの最小デバイスとなる「EP2AGX20」は2010年に出荷予定で、10万個購入時の量産価格は米国内販売価格15 ドルからとなります。すべてのArria II GXデバイスは本年3月より、Quartus II 開発ソフトウェアv9.0で開発可能です。

Stratix系はキョーレツに高いので、とてもじゃないが民生レベルで使えるとは思えない(使っているのを見たことがない)し、今の不況では業務用機器すら選択が難しい。そういう市場にArria IIを早期投入しようというのは戦略的にも正解だろう。多分景気が良ければ開発コストを充分回収してから(ArriaIIを)出したかったのではないかと思うのだが。

余談だが、トヨタF1をスポンサードしているパナソニックが今期3,000億円を超える赤字になると知って驚いた。こないだ黒字になる見込みと言ってたと思うのだが。年間約400億円掛けているトヨタF1の維持費(の一部だろうが)をどう捻出するのだろう。プリウスで使っているNi-MHバッテリはパナソニック系電池メーカが作っているものの、そのプリウスも販売台数は減っている。更に余談だが、三菱(自動車)は販売台数半減でパリダカから撤退した。ホンダは本来メカ屋であるにも関わらず太陽光発電系事業に手を出している時代だが芳しくない。自動車も電機もダメだとするなら日本はJapanimationを世界に売って食っていくのか、てか失業者全員アニメータになって食って行けるのか?(←なんでそんな短絡的発想になる!?)全く不況の底が読み難い。
posted by Masa at 15:30| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります

元青年失業家で危険人物の謎電の作者です、こんばんは。

続きを読む
posted by Masa at 00:11| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。