2009年09月22日

Conway's Game of Life (2)

作ったには作った。セルサイズ32×32(=1024)として1chipMSX上で動かしてみたのだが。

垂直同期信号をトリガにして世代更新(毎秒約60回)を行うと↑のようになり、ビデオクロックをそのまま使って世代更新(毎秒約2,150万回)を行うと↓のようになる。

単にグライダーを動かしているのだが、もはや何が何だか訳が判らない。またツマラン物を作ってしまった気がしている謎電の作者なのだった。

-- 続く --

posted by Masa at 17:36| Comment(0) | 実験 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。