2009年12月26日

おっかないので隠れて書く。

何故なら、謎電の作者はとっても気が小さいからだ。

・小沢幹事長事務所に銃弾、封筒に入れ届く
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091225-OYT1T00905.htm

こういうことが何れ起きるんじゃないかとは思っていた。

>20日前後に東京23区内から投函(とうかん)された可能性が高いという。

この一文からも理由が何なのか簡単に想像出来る。

・社説ウオッチング:天皇陛下会見問題 疑問残した特例対応
http://mainichi.jp/select/opinion/watching/news/20091220ddm004070004000c.html

この場合ポッポ鳩山は関係ない。クラッシャ〜小沢のことであるから、んもーちょー偉そうに「オレなら天皇に会える機会を作れる、いつでも会わせてやる」とかなんとか格好つけてたのだろう。そのように簡単に想像できるから禿げた羽毛田長官が不快感をあらわにしていたのだ。喩えるなら「新鮮味がない」発言に怒りをあらわにする謎電の作者と同じである。

この国賊を斬らぬ限り、日本に真の平和は来ない。そう考える右翼はウヨウヨ居る。そのことを政治家は認識し、売国奴と間違われるような妙な行動は取らない方が身の為だ。

話は変わるが、クラッシャ〜小沢とポッポ鳩山は、水戸黄門にゲスト出演してはどうだろうか。勿論、悪代官・悪徳商人としてだ。せっかくなので、助さん格さん役はイチローと松井でどうだろうか。低迷している視聴率が一気に50%くらいになるんじゃないかと考える謎電の作者なのだった。
posted by Masa at 09:32| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。