2010年03月30日

謎電の作者的に朗報(笑)

・小学校教科書検定、ゆとり転換鮮明 ページ3割増
 http://bit.ly/ddlRvI

・小2「2けたかけ算」、小6「電気の利用」…
 http://bit.ly/bJ66b7

今世紀に入ってから小学校で学ぶ内容が異常な気がしていた。例えば円周率を3としてしまうとか大雑把過ぎるというより異常。私の時代では3.14だったが、有効10桁程度覚えてる連中はゴロゴロ居たし、分数近似で355/113と覚えてるクールな奴も居た。

>【理科】小6で発電・蓄電などを学ぶ「電気の利用」=写真(3)=が初めて登場。電池や電熱線、コンデンサーを使った実験のほか、発光ダイオードなど先端の話題を取り上げ、科学への関心を高めようとするた教科書もみられた。

うむ、それで正常。強いて言わせて貰えば「コンデンサ」という言い方はやめてそろそろ「キャパシタ」と呼んで欲しいのだが。英語圏の電気屋と会話する時たまに誤解されるし、キャパシタをコンデンサと呼ぶのは電車を汽車と呼んでいるように思える。

>図画工作では、故手塚治虫さんの「鉄腕アトム」や「ジャングル大帝」=写真(5)=などの作品が紹介された。デジタカメラの使い方やアニメーション技術などを取り上げた教科書もあった。音楽は三味線や太鼓、拍子木などの和楽器が盛り込まれた。

鉄腕アトムとかジャングル大帝って強烈に古いのだけどダイジョブなのか、とちょっと心配したがふと思い出した。

・三枝アトム(新・鉄腕アトムOP)


↑このバージョンを最近まで知らなかった。私が知ってる鉄腕アトムは↓である。
・Tetsuwan Atom (鉄腕アトム) opening (1963)

posted by Masa at 19:04| Comment(0) | ブログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。